技術メモ

役に立てる技術的な何か、時々自分用の覚書。幅広く興味があります。

root権限なしでcmakeをインストールする

root権限がない状態でcmakeをインストールする時、ソースからビルドする。
gcc,g++,makeが必要になる。
手順としては以下の通り

  1. cmakeのソースをダウンロード,解凍
  2. インストール先のフォルダを作成
  3. ビルド、インストール
  4. (状況に応じて)PATHを通す(※PATHの優先順位に注意)

cmakeのソースの最新版はこちら

wget https://cmake.org/files/v3.9/cmake-3.9.1.tar.gz;
tar zxvf cmake-3.9.1.tar.gz;
cd ./cmake-3.9.1/;

mkdir $HOME/cmake;
./configure --prefix=$HOME/cmake;
make;
make install;


※PATHの優先順位に注意
自分でセッティングしたcmakeを使いたい場合はこのようにPATHの先頭に付け足すようにする。

export PATH=$HOME/cmake/bin:$PATH

PATH上に同じコマンドがある場合、先頭にあるコマンドが優先されるからだ。
逆に元々あるコマンドを使いたいようなときはこうする。

export PATH=$PATH:$HOME/cmake/bin


参考:
PATHの優先順位に気をつけよう « blog.hekt.org