読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術メモ

役に立てる技術的な何か、時々自分用の覚書。統計学、機械学習、神経科学、暗号理論...と幅広く興味があります。

結局Flaskが使いやすそう

web Python

最近web関係を触っていて、javascriptの知識もまだまだ足りないんだけれど、少し勉強するうちにやっぱりフレームワークがないと超不便だよねってことに気付いた。
で、じゃあ何を勉強するのかって話になる。
まず考えたのがこの2つ

  1. Ruby on Rails
  2. Django
Ruby on Rails

Railsは言わずと知れた最大手。これを知らずにweb開発を語れないって立ち位置のフレームワークだと思ってる。Ruby自体が日本語と親和性が高いのもポイントが高い。ただ問題は、そのためにRubyを勉強するのか…ってこと。PythonからRubyは敷居が高くないし、簡単なコードを読むくらいのはできるが、個人的にはPythonでできるに越したことはないよねって感じ。
保留。

Django

DjangoPythonでweb開発するなら真っ先に名前が挙がるフレームワーク。web開発中級者に混ざって見よう見まねで触ったことがある。確かに使いこなせれば便利なんだろうなーという印象は受けたけど、とにかく学習コストが高い気がする。確かに開発して長期運用していくようなサービスなら、これを使わない手はないんだろう。けど、とにかくwebアプリをこちょこちょ弄りたいだけの自分にはDjango役不足かも。
費用対効果を考えて却下。

じゃあ何が残るの?

そこでたどり着いたのがFlask。ちょっと触ってみたいぞって人にもってこいの使いやすさっぽい。
なにかしら文字を出力するHTMLを作るまでチュートリアルを見るだけで1時間はかかるDjangoと違いFlaskは数分。この手軽さは惹かれる。
ちょっと試してみよう。
Flask入門 — flask 0.1 documentation